光回線とADSLについて

パソコンで固定回線をするなら、光回線とADSLという選択ができます。この場合、どう判断するでしょうか?ここで、大雑把ではありますが、それぞれの特徴や弱点などを紹介しましょう。


まず、ADSLですが、電話回線を使ってのインターネット回線となります。速度としては50Mbps程ではありますが、動画を楽しむなら十分な速度と言えるでしょう。


また、ADSLは料金でも貢献していてくれています。低速なADSLなら2,000円もしない程の料金で楽しむ事ができます。普通にメールやホームページ閲覧程度ならば、低速なADSLでも充分なくらいです。


高速なものでも5,000円前後と安く、とてもリーズナブルなものだと言えるでしょう。しかし、ADSLを楽しめるのはほんの一握りな人だけかも知れませんね。


それは、弱点として電話局舎と利用者宅との距離が関係してくるのです。この距離が遠くなるとADSLは使えない回線へと変貌してしまいます。私もADSLを利用していましたが、この距離が極端に遠く何年もの間ストレスを感じながらインターネットをやっておりました。


それでは光回線はどうでしょうか?この光回線は光ファイバーを利用した電話線とは別の回線で利用するもので、インターネット専用線となっています。そして、その速度は高速となると1Gbpsと超高速になります。また、低速でも100MbpsとADSLとは比べ物にならない程の高速通信となっています。


当然ですが、電話回線ではないので、電話局舎との距離に関係はありません。ですから、電話局舎との距離が遠くても光回線ならば快適にインターネットが楽しめるのです。


これだけの超高速なので、動画はもちろんテレビ視聴も出来ますし、ダウンロードなども快適にする事が可能となるのです。しかし、こんな便利な光回線ですが弱点は存在します。


それは、例えば100Mbpsの高速光回線だとしましょう。これを1人が独占する事は一切ありません。この1つの回線を周辺住宅の数十世帯に分ける事になります。


そのために、その1つの回線を利用する人が一斉に使い始めると渋滞が起こるのです。そのために超高速だった光回線も切れ切れの鈍足になってしまう事もあります。


そんな事を解消するには、利用する時間帯をずらすしか方法はありません。時間に余裕があるならば、みんなが利用しそうな時間帯は避け他の時間帯で利用するようにすれば、ストレスなく快適にインターネットを楽しむ事が可能となります。


このページの先頭へ